1. TOP
  2. 葬式の服装(男性)のマナー!見落としがちな注意点はこれ!

葬式の服装(男性)のマナー!見落としがちな注意点はこれ!

 2016/06/28 服装
  692 Views

N825_udewokumusarari-man_TP_V

お葬式の服装は黒で
統一すれば良いのでしょう?

そういったイメージが多いですが、
意外とそんな簡単では
ないのが現実です♪

中にはちゃんと調べて来たのかな?
と思う方でも惜しいなぁ~。

見落としたのかな~。そういった方
結構居ます!

しかも!多いのが男性!

では、どういったところが
見落としがちなのか?
今回はご紹介致しますね!

Sponsored Links

葬式に参列する際の正しい格好は?

OZP85_nekutaiwoshimenaosu_TP_V

お葬式に参列する際の格好は

 男性 通夜の場合
・グレー、紺の無地のスーツ

・黒ネクタイ

※通夜の場合は急な知らせのため、
ネクタイなど用意出来なくても、
 仕方ありません。
しかし、大人のマナーとして
1本用意しておくことを オススメします。

女性:通夜
・黒、紺、グレーのワンピース、スーツ

・喪服が用意出来るのであれば、
 黒いワンピースまたはスーツ

・黒のストッキング

・黒の靴(ヒールは低めで)

・黒のカバン

 

葬式:男性
・上下黒の無地のスーツ(シングルでもダブルでも可)

・白のシャツ

・ネクタイ、靴下、靴は黒

・白色のハンカチ

 

葬式:女性
・黒のワンピースまたはスーツ

・黒のストッキング

 

・アクセサリーは真珠もしくは、
オニキス、黒曜石、黒珊瑚等は可

が基本となります!

服装についてはこちらの
動画も参考にどうぞ♪

 

見落としがちな部分はここ!

cufflinks-925004_640

しかし、男性で特に見落としがちなのが

・ネクタイピン

・腕時計

・ボタン

この3点です!

通常のスタイルとしては
カッコイイ男性像ではありますが、

いつもの感覚でつけたまま
来てしまう方が多いのです!

ボタンに関しては男性は黒のスーツが
基本スタイルのため、いつも着ている
スーツで行き、ボタンまで気づかない
方が多くいます!

これらの何を見落とすのか?
何がダメなのか?

その答えは…光を反射すること!

黒のネクタイに、シルバーの
ネクタイピン

黒のスーツに、キラキラの腕時計
黒のスーツだが、金のボタン!

これら光り物は見落としがちですが
傍から見ればカナリ目立ちます!

せっかくの完璧スタイルが
霞んでしまうほど光ってしまいます…。

参列する際は取る!確認する!
を忘れずに行うことをオススメします!

 

急だったので格好が汚い。対処法は?

dirty-165695_640

お通夜というのは急なことで
仕事中知って直接来たので
格好が汚い…。

正式な格好が出来なかった…。
そういった場合も有り得ます。

そんな時は、受付や親族に
この度は誠にご愁傷様でした。
急な訃報で駆けつけたため
このような格好で申し訳ありません。
と一言添えるだけで

この人は忙しい中
駆けつけてくれたんだ…と
見方が変わりますよ♪

逆に、お通夜の際は完璧な格好で行くと
『死を準備して待っていた』と
取られる。
とも言われています。

全く場違いな格好はどうかと思いますが
(いくら駆けつけたと言っても
 パーティードレスなど)

黒のネクタイが無かった。
スーツのジャケットが
用意できなかったなどでしたら
仕方ないと言えるので
安心してくださいね

Sponsored Links

 

お葬式でタブーなことは?

服装は注意して頂きたい
マナーなのですが、お葬式には
絶対に気をつけるべき
タブーというものがあります!

それが

・身につけるものの素材
・忌み言葉

この2つです!

まず、身に付ける物の素材というのは 
革のカバン、靴等は黒であっても
殺生を連想させるため、
葬儀の場ではタブーとされています!
革でなくてもアニマル柄
(クロコダイルなど)
も同じく避けましょう!

次に忌み言葉というのは発した言葉が
その通りになるかもしれないので
使ってはいけない。嫌なイメージをもつ
言葉を言います。

特に繰り返す言葉(たびたび等)は
不幸が繰り返されるのでは…。

という意味から忌み嫌われています。

言葉の種類は下記を参考にどうぞ♪

忌み言葉一覧

・重ね重ね

・たびたび

・重々

・いよいよ

・再三

・再四

・ますます

・返す返す

・次々

・追って

・続く

・なお

・浮かばれぬ

特に
『いよいよ』等は
『いよいよこれからでしたのに…』

『浮かばれぬ』こんな最後
浮かばれないでしょうね…。

『たびたび』こんなことがありました。

等、会社関係の方等ポロっと
出がちです!

しかし怒る方も居るので注意しましょう!

以上、お葬式の見落としがちな点に
ついてご紹介致しましたが
如何でしたでしょうか?

お葬式の場というのは、皆さん
気を張っています。

いつも気にしないところでも、
目が行き気が立つ。
そんな場合もあるので、

行く際は何度も鏡で確認する。

もしくは誰かに見て確認してもらう
等をしてから行くようにすることを
オススメします!

Sponsored Links



葬儀場探しで悩んでいるなら必見!

急なことで、葬儀場を探す時こんな悩みはありませんか?

・自分で相見積もりを取っている時間がない。。
・葬儀費用の相場がわからないので、まずは料金の比較をしたい。。
・口コミで評判の葬儀社が知りたい。。


などの悩みはありませんか?

そんなあなたには無料の【葬儀レビ】全国資料一括請求がオススメです。


・かんたん入力の1分で一括資料請求ができる
・比較できるから無駄な出費が省ける
・利用は完全無料で24時間・365日対応

合わなければ全て断れるし、しつこい営業もないので、安心して無料の資料請求ができます。
比較せずに葬儀場を決めた80%の人が葬儀後に後悔があると答える業界だからこそ『比較』を勧めています。


平均で19万円費用が抑えられる【葬儀レビ】で後悔しない葬儀社を探す



Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

介護のすすめの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

介護のすすめの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

mame

mame

秘書の学校を卒業し
葬儀社で働いた経験を元に
今は主婦業の傍ら、少しでも皆さんの知らないお葬式の情報をご紹介できればと
記事を作成させています。
こんなこと知らなかった!読んで良かった!そう思って頂けるような情報を提供できるよう頑張りますのでお読み頂ければ幸いです!

コメントを残す

*

CAPTCHA