1. TOP
  2. 介護の移乗のコツ!骨折しない為の基本的な介助方法とは?

介護の移乗のコツ!骨折しない為の基本的な介助方法とは?

 2016/08/27 介護
  13,248 Views

皆さん、こんにちは(^^♪

今回は介護の移乗についての
ご説明させて頂きます☆

介護の移乗って
スムーズにいけば負担やリスクは
そこまで高いわけじゃないんですけど、
なかなかそんなわけにはいかないのが
現実です。。。

介護者の体重のことや
疾患で介護の方法が変わってくるもの
正直、ややこしい!

こっちに麻痺があるから~
なんて考えながら
介護をしないといけませんからね。

まず初めに移乗介護の基本から
お伝えさせて頂き、
その後のポイント等や
対象者ごとの方法について
お話させて頂きます(^^♪

最後までお付き合いいただけると
幸いです☆

Sponsored Links

介護の基本!移乗の介護方法とは?

まずは基本を押さえておきましょう!

何事にも基本が大切ですからね☆

解説付きで
とても分かりやすい動画があったので
こちらをご覧ください( *´艸`)

 

失敗談から学ぶ!
なぜ移乗際にで骨折が起こるのか?

失敗ってしてはいけないんですけど
そこから学ぶことっていろいろとありますよね~

ぶっちゃけ、介護だと、
こんなリスクがあるよ~って聞いていても
やってみないとわからないっていう面も
ありますよね。

今回の記事では移乗について
お話させて頂いているので
移乗の際の失敗の体験談について
お話させて頂きます( *´艸`)

人の失敗から学ばせてもらいましょう!

私は、車椅子に患者様を移乗する
ということで失敗をしてしまいました。

1年目ということで、
すごくきんちょうしながら患者様を
移乗させようと支えて
車椅子にあとはのせるだけ。

というときに力が抜けてしまって、
患者様をおとしてしまいました

【引用元 http://nurse-cube.com/348496/ 】

 

Sさんという細いおじいさんは、
立位が保てず
足も細く
「脚を絡めたら骨折するよ」と
言われいたので、

とても気を遣いながらの
移乗になるのですが、
今朝は
車椅子に載せる寸前で
ずり落ちてしまいました

【引用元 http://siawasekaigo.seesaa.net/article/385154996.html

介護の移乗は介護者を
しっかりと支えないといけません。

と、考えると大変ですよね~

失敗談の1つ目の様に
ふとした瞬間に力が抜けてしまって
落してしまったもしくは、
勢いよく車椅子に座らせてしまったというのも
実際よくある失敗談です。

5e6a428684ccfd4cb1adc2b5ad5de7db_s

また、足腰が弱い高齢者の方は
移乗で支えがあっても
なかなか立位が
保つことが出来ません

Sponsored Links

 

少し、油断すると
よろめいてしまったり
ずり落ちてしまったり
転倒してしまったり。。。

リスクがたくさん。

移乗の際はそのリスクを
頭に入れて行わないと
ちょとした油断が骨折を引き起こしてしまう
原因となります。

移乗の際のポイントをまとめてみた

基本の移乗動作について、
先程お話させて頂きました(^^♪

やっぱり動画は文字で伝えるより
分かりやすくていいですね~

さて、忘れないうちに
ポイントをまとめました( *´艸`)

  • 車椅子の角度は
    ベットから30度の位置に
    設置する
  • 介護者の車椅子に
    近い足は少し前に出す
  • 介助者の両手を
    介護者の後ろでしっかりと組む
  • 介護者をしっかりと
    前駆させて立ち上がる
  • 立ち上がりの際は
    膝を曲げ、重心移動を使って
    介護者を立ち上げる
  • 乗り移った後は
    しっかりと深く座れているか
    確認する
  • 一つ一つの動作に声掛けを行い
    介護者と介助者と一緒に行う

介護の対象者によって移乗方法は変わる?その違いとは?

介護の難しい所は
1人1人にあった
介護を行わないといけない
こと。

対象者によって
介護の方法を変えないと
いけません。

例えば移乗の場合だと
身体の重い人や全く立つことが出来ない人、
麻痺がある人等は
先程の基本のやり方だと
十分に安全な移乗を行うことができません。

同じ移乗動作でも
いろいろなやり方があるので
理解しておきましょう。

Sponsored Links

 

例えば、重たい人や
立位が全く保てない人の移乗方法はこちら~

 

2人介助での移乗の方法は?

身体に拘縮や
自ら座ること【座位保持】が
困難に人は1人での介護はやりにくいですよね。

と、いうか無理があります。

そんな時は2人で介護を行いましょう。

2人介助での移乗の方法の動画も
しっかりと見つけましたので
こちらをご覧ください(^_-)-☆

 

半麻痺がある場合の移乗方法は?

続いては麻痺がある場合です。

近日脳梗塞もよく聞く病気となり
身体のどこかに麻痺をお持ちの方が
多くなりました~

だからこそ、今回は
麻痺がある場合の移乗方法を
ピックアップさせて頂きました☆

実は初めの動画が右半身麻痺がある場合の
移乗介護の時の動画です。

基本的に半身まひがある場合の
介助方法は変わりはありません。

ただ、問題なのはどちらに麻痺があるか
ということです。

麻痺がある側が重心となる介護だと
十分に立位を保てない可能性があるので
危険です。

麻痺のある方と反対側の回転になるように
車椅子を設置しましょう。

と、いうことで
もう一度初めに紹介した動画を
ご覧ください(^_-)-☆

右半身麻痺の場合なので
車椅子は左側にあり、
左足を軸になる回転になっています。

左半身麻痺の場合は
右足が軸となるように
反対側に車椅子を付けて
行いましょう☆

Sponsored Links

結論!移乗の時のコツとは?

今回の記事では
移乗の介護の
やり方について
書かせて頂きました。

内容はこちらです📋

  • 介護の基本!移乗の介護方法とは?
  • 移乗の際のポイントをまとめてみた
  • 介護の対象者によって移乗方法は変わる?
    その違いとは?

そして、最後に
ズバリ!骨折しない為の
移乗の時のコツは
気を抜かないことです!

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

なんだそれ~と
思った人もいるかもしませんが、
結局は最後まできっちりと!なんです。

一つ一つの動作が
安全に為に行われている動作です。

車椅子の角度一つで
介護者がうまく移乗が出来ず、
転倒⇒骨折してしまう可能性はあります。

一つ一つの動作・確認をきっちり行い
最後まで丁寧に行うこと。

これこそが骨折をさせない
一番大切なことなんです☆

事故のない安全な介護を行いましょう~

今回も最後までお付き合い頂き、
ありがとうございました( *´艸`)

Sponsored Links



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売ってしまっています。

※家・土地の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・素人に不動産の相場なんてわからない
・個人で売買の交渉をする自信がない
・親の急死でとにかく処分したかった
・相続で受け継いだが税金がかかる
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は無料の不動産一括見積もりが
オススメ
です。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の査定額が
スグにわかる。

・自分で複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を子供の学費・老後の貯蓄に回せる

また下取り相場が見れるので、
知り合いの不動産会社の見積もりで

買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。


1000万円の差が出る不動産見積もりサービスを試してみる



Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

介護のすすめの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

介護のすすめの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

sho-to

sho-to

福祉系大学を卒業しベンチャー企業へ就職、その後転職し介護老人保健施設で相談員として働いていたが、結婚を機に退職。現在は2児の子をもつ専業主婦です。社会福祉士・社会福祉主事任用資格・福祉住環境コーディネーター・産後ケアリストの資格を持っています♪