1. TOP
  2. 介護のアセスメントとモニタリングの違いは?意味は異なる?

介護のアセスメントとモニタリングの違いは?意味は異なる?

 2016/08/25 介護
  43,256 Views

こんにちは~

介護のお仕事は慣れましたか?

いろいろと仕事をしていると
もちろん介護を行うことも大変なんですが
専門用語にもアタフタさせられます( 一一)

今回は介護でよく使わている言葉
【 アセスメント 】

【 モニタリング 】

についてお話します。

よく二つは同じ言葉の様にとられますが
実はそおではありません。

今回は徹底的に
この二つの違いについて
お話させて頂きます!

Sponsored Links

介護のアセスメントとモニタリングの違いは?

まずは
セスメントとモニタリングの
違い
からお話させて頂きます。

そもそもですが、
アセスメントとモニタリングの意味を
きっちりと理解していますか?

実は意味が分かれは
二つは同じではないとすぐにわかるんです。

アセスメントとは一体どういう意味?

2e8ac716e5a67106227f8ec3c2fe4896_s

ではまずアセスメントについてですが、
アセスメントとは別名、事前評価と言われ、
介護の計画を立てるための情報収集のことです。

ケアプランは、皆さん同じではなく、
対象者ひとりひとりに違ったものです。

性別、身体の状態、今までの生活環境
家庭環境などにより
その人のケアプランが決まります。

アセスメントはその計画を立てるために
必要な情報を調査、集めることをいいます。

なのでケアプランを作るうえで
一番初めに行われます

 

モニタリングはアセスメントとどう違うの?その違いを解説

503882a9ece7aba5648a47568b554aa2_s

続いてモニタリングについてですが、
モニタリングとは
別名事後評価とも言われ、
実際に行われているケアプランの内容が
その人に合っているか
調査・査定することを言います。

そおです!

皆さんお気づきの通り、
アセスメントとはぜーんぜん違うんです!

どちらも調査・査定・情報収集をする
という作業は同じなんですが、
アセスメントはケアプラン作成前に行い、
それをもとにケアプランを立てます。

モニタリングはケアプラン作成後に行い、
それをもとに
ケアプランの微調整・変更をします。

ちょっとややこしいですが、
ケアプラン作成前・後がポイントですね♡

Sponsored Links

介護に大切なアセスメントとモニタリング!その重要性とは?

さてさて、介護の現場では
よく名前の聞く

アセスメントにモニタリングの
この2つのセット。

毎回同じような項目がいろいろとあって
もおいいやろーとか
めんどくさいなーと感じたことのある人も
多いと思います。

ぶっちゃけこれって大切なの?って
思ったことありませんか?

現場で働いていると
いちいちモニタリングとか
書かなくてもわかるやろーみたいな。

と、いうことで今回は
その重要性について調べてみました( *´艸`)

pexels-photo (1) (1)

まず、一番初めに伝えておきたいことは
アセスメントとモニタリングは
とても大切なことです!

先程も少し話しましたが、
アセスメントを元にケアプランが立てられ
モニタリングを元にケアプランが調整されます。

流れとしてこんな感じです☆

アセスメント

  • 介護者の家族の状態について知る
  • 介護者のできること
    できないことは何か?
  • どのような
    介護サービスを求めているか

⇓ ⇓ ⇓

プランを作成する

  • 介護サービスにおいて
    気を付けること
  • 今後の課題は?
    目標の提示

⇓ ⇓ ⇓

モニタリング

  • ケアプランの内容は適切か?
  • 実際にケアプランを実行して
    不具合はないか
  • 課題のクリアできる内容のものか?
Sponsored Links

 

上記の流れを元にを作ってみると
こんな感じです

 

アセスメント

  • 介護者の家族は
    遠方の住んでいる人が多い

    見の回るのことはすべて妻がしている
    ⇒妻以外は救急時対応できない
  • 右半身麻痺があり
    支えがないと歩行ができない

    外出時は杖を使い
    自宅内では伝え歩き


    近日は足腰の衰えか
    転倒が増えている


    食事やトイレは自立している
     
  • 基本的に自立されているが
    妻が高齢のため自宅で転倒等が
    あった時に対応できない
    安心して生活できるよう何かあった時にも
    対応できる施設サービスを求めている

⇓ ⇓ ⇓

ケアプランの作成

  • 右半身に麻痺がありふらつきがある
    介護職員が見守りを行い
    転倒防止に備えること
  • トイレや食事は自立されている
    介護の必要はない

⇓ ⇓ ⇓

モニタリング

  • 食事は自立されているが
    食べる量にムラがある
    ⇒食事の量の確認や声掛けの促しを
    ケアプランにいれるようにする 
  • 歩行は見守り程度でOK
    ⇒引き続き見守りを行う

 

分かりやすいかなっとおもって
ざっくりと立ててみました(^^♪

専門的な方からみると
適当すぎやろー
突っ込みをウケそうですが・・・

お許しくださいwww

まぁ、こんな感じでアセスメントと
モニタリングは行われています。

これからみてもわかるように
まず、アセスメントがないと
ケアプランは立てれません

ケアプランは介護を受けるうえで必要な物で
介護者が何をすべきか気を付けることや
どのようなことを目標としているのか等
全てを記してくれています。

このプランがあるからこそ、
初めての人でも
出来ること出来ないことが分かり、
介護職員がスムーズに
介護を行うことが出来ます

c7c3f3a317b3ab60f6552da572571ef3_s

また、モニタリングにて
そのプランをしっかりと評価することで
ケアプランの調整をし、
より良いサービスの提供ができるように
してくれています。

Sponsored Links

 

この二つの動作があるからこそ
介護者は1人1人の内容にあった
介護を受けることが出来ます(^^♪

この記事を振り返って。。。

いかがでしたでしょうか?

今回はアセスメントと
モニタリングの違い
について

書かせてもらいました(^^♪

ズバリ!違いは
ケアプランの前に行われるか
後に行われるかということですね。

いろいろと意味はありますが
そお考えるのが
一番分かりやすいと思います☆

今回の記事の内容について
まとめるとこんな感じです。

  • 介護のアセスメントと
    モニタリングの違いは?
  • 介護に大切な
    アセスメント
    とモニタリング!

    その重要性とは?

いろいろと専門用語は
ややこしいですよね~

学校で勉強していても
使っていない期間があれば
案外すぐに忘れちゃうんですよねww

今回は最後まで読んでいただき
ありがとうございました☆

Sponsored Links



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売ってしまっています。

※家・土地の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・素人に不動産の相場なんてわからない
・個人で売買の交渉をする自信がない
・親の急死でとにかく処分したかった
・相続で受け継いだが税金がかかる
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は無料の不動産一括見積もりが
オススメ
です。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の査定額が
スグにわかる。

・自分で複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を子供の学費・老後の貯蓄に回せる

また下取り相場が見れるので、
知り合いの不動産会社の見積もりで

買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。


1000万円の差が出る不動産見積もりサービスを試してみる


\ SNSでシェアしよう! /

介護のすすめの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

介護のすすめの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

sho-to

sho-to

福祉系大学を卒業しベンチャー企業へ就職、その後転職し介護老人保健施設で相談員として働いていたが、結婚を機に退職。現在は2児の子をもつ専業主婦です。社会福祉士・社会福祉主事任用資格・福祉住環境コーディネーター・産後ケアリストの資格を持っています♪