1. TOP
  2. お葬式
  3. 親族マナー
  4. 家族葬と一般葬の違い!もとプロが語る5つのポイント!

家族葬と一般葬の違い!もとプロが語る5つのポイント!

 2016/07/12 親族マナー
  3,108 Views

 family-286229_640

最近人気の『家族葬』
よく皆さんが言うのが、

『家族だけで見送れる』
『気を使わない』
『お金が安い』…

などのイメージが多いようですが、
そのイメージは間違ってはいません!

しかし、中には認識を間違った方も
多く居ます!

それが、『家族葬って小さいお式でしょ?
お金かからない、気を使わない、
親しい人だけで見送れる!
メリットばっかりじゃないの?』

という方!
この認識は少し違います!

では何が違うのか?
人気の家族葬は本当に
メリットばかりなのか?

今回は一回のお葬式を
失敗しないための5つの
ポイントをご説明しますね♪

Sponsored Links

ポイント1:家族葬とはなに?誰を呼べば良いの?

adult-17329_640

まずは、家族葬というのが
なんなのか?それを説明しますね!

家族葬というのは、名前のとおり
家族で行うお葬式を言います!

そのため、呼ぶ人は
血のつながりのある、親族のみ!
となります。

親族しか呼んじゃダメなの?
と思ってしまいますが、
呼んではいけないことは
ありません。

葬儀屋に『呼んでは困ります!』
とは言われません。

しかし、形式としては
血のつながりの無い方
が一人でも来たら、それは
家族葬とは言わないのです。

逆に言えば、親戚が100人
会場は大ホール!
のお葬式をしたら、それも
実は家族葬なんですよ♪

家族葬、密葬、直葬の違いに関しては
こちらの動画も参考にどうぞ♪

 

 

ポイント2:一般葬とはなに?呼ぶ人の選び方

friends-108376_640

ポイント1でも少し触れましたが、
では、一般葬とはなんなの?

と言いますと、一般の方
血の繋がらない方(配偶者は別)
が1人でも来たお葬式を
一般葬と言います。

一般的には、
ご近所さんや友人、
仕事関係の方を
呼ぶのがベストです!

しかし、私もよく思っていたのですが、
親族さんがこんなに呼んだのかな?
という場合や
私そんなに親しくないのに何で呼ばれたんだろ…?
という場合はありませんか?

それは、決して親族が全員に
訃報を知らせたわけではありません。

多くの場合は
故人の会社の上司や友人数人、地域の会長さん
など数件にだけ知らせる場合が多いのです。

そこからは、まるで伝言ゲームのように
広がっていき、すごい人数に…。
という場合が多いのです。

そのため、家族葬は小さい、
一般葬は大きいという
イメージが付いてしまうのかも
しれませんね~。

Sponsored Links

ポイント3:家族葬のメリット、デメリット

m030859

中には、あんな沢山来られたら
お別れなんか出来ない!
お金もかかるし、家族葬が良い…。

そう言われる方が多く居ました。
そんな方に必ず私がしていたのが
家族葬のデメリットもお伝えすることです!

家族葬はメリットばかりが目立ち、
デメリットなんてあるの?
と思いがちですが、私は数多くの
家族葬のデメリットに悩まされる方も
見てきました。

それを皆さんにもお伝えしますね♪
まず、家族葬のメリットは

《家族葬のメリット》

・値段が安い

・自由がきく

・ゆっくり別れが出来る

・和気あいあいと出来る

・気を使わない
(近い親戚の場合のみ)

などがあります。
ほぼ、皆さんのイメージ
通りなのではないでしょうか?

ではデメリットは?

《家族葬のデメリット》

・ほぼお金を自分たちで払う

・後日責められる

・後日お線香に上げに来る

・人が後を絶たない

・お金がかかる

というものが多いのです。
メリットと逆のことを書いてる?
と思うのですが、

お葬式本来の金額は
確かに安く出来ます。

それは、祭壇の花を
家族の供花で補うことも

可能ですし、
家族だけだからと、
見栄をはる必要がないからです。

しかし、
来る方が居ない=香典もありません。

そうなると、お金は自分たちだけで
補う必要があります。

しかも!
お別れが出来なかった方が
後日に自宅にお線香を上げに
ひっきりなしに来ることも!

いつ来るか分からないから
出かけられない…。
という方も居ました。

来られたら、お礼も必要です。
そのお礼は、多くの場合は
ご自分で用意が必要です。

それに、またお金がかかるんですよ~!
来た方には、お別れしたかった…。
何で教えてくれなかったんだ…。
責められた。という方も…。

そういったデメリットが
『家族葬』にはあるのです。

Sponsored Links

ポイント4:一般葬のメリット、デメリット

m010069

では!イメージ的にデメリットの
多い『一般葬』のメリットデメリットは
どうなのでしょうか?

一般葬:メリット

・お香典がある

・沢山の人に見送って貰える

・作業が一括に行える

・葬儀屋が手伝ってくれる

・悲しむ間もない

 

一般葬:デメリット

・気を使う

・ゆっくりお別れが出来ない

・後日の香典返しが面倒

・お金がかかる

などがあります。

後日、お香典返し
しなきゃいけないし、

香典って意味ある?
と思いがちですが、
確かに香典返しは
しなければいけません!

が、全額ではなく3~5割のお返しをします。
その残った分をお葬式費用に
充てることも可能なのです。

しかも、何人来るか分からないので、
粗供養など多めに注文しても、
残った分は
葬儀社が引き取ってくれます。

(会社によります)
ので、在庫が
残って困る心配もありません。

来られた方の管理も
一括に出来るので、
後日ゆっくり悲しみに
浸れることが出来るのです。

しかし、デメリットは
皆さんのイメージ通り
気を使う、やはり人様の目にふれても
恥ずかしくない祭壇を…。
と思うとお金がかかる。

香典返しが面倒。
というのが多いですね…。

しかし、香典返しに関しては
最近では『香典辞退』というような
方法も増えています。

そうすれば、一括にお別れをして
もらえて、お礼も必要ないので
気が楽になりますね♪

Sponsored Links

ポイント5:結局家族葬と一般葬どっちが良いの?

428781f4f4bd212233c681644a49c6a6_s

上記のように、双方のメリット、デメリットを
ご紹介しましたが!

皆さん気になるのは、じゃあどっちが良いの?
ということではないでしょうか?

残念ながら…こっちが正解!
とは言えないのです…。

例えば、故人は友人が少ない!
仕事も定年退職だし、来る人なんか居ない。
誰に知らせたら良いかも分からない!
というような方は、
家族葬がベストかもしれませんね。

しかし、故人は友人がいっぱい!
会社でも部下がいっぱい!
休みの日は
サーファー仲間と出かけている!

というような方の場合、
一般葬で皆さんに

お別れして頂いた方が
良いかもしれません。

故人の生前の希望や友人関係で
選ぶのがベストかと思いますよ♪

 

おまけ:筆者の今まで見てきたお葬式

以上、家族葬と一般葬の
違いをご紹介しましたが
いかがでしたでしょうか?

最後に筆者の見てきたお葬式を
2つご紹介しますね♪

 

ケース①

そのご家庭は
故人様はあまり家で
自分の話をしない方でした。

ご家族は
故人様には友人は居ない…。

そう思って、小さな一室を
会場に小さな家族葬を決めました。

部屋には大人が5人入るか?
という小さな部屋。

勿論、粗供養など用意していません。

にも、関わらず
会社の上司、部下が15人
友人と名乗る方が2人も
来てくださったのです。

葬儀屋(筆者)は
急いで粗供養をかき集めて
難なくいけましたが
ご家族は涙して
故人にはこんなに
親しい人がいたのか…。
と驚かれていました。

もっと大きい式にすれば良かった…。
その言葉が頭に残っています。

 

ケース②

こちらも家族葬なのですが、
この御家族はお祖父様が亡くなられた。
ため、孫も集まり
和気あいあいとした式でした。

ただ、このお葬式が他と違ったのが
お寺さんを呼ばない
『無宗教』の手作りの式ということです。

お金は最低限に!
ということで
祭壇の花は自分たちの出し合った
供花のみ。

お別れの時間をフルにして
故人の好きな曲をずっとかけていました。

そして、お経の代わりに
おじいちゃんの好きだった曲を
お孫さんがフルートで演奏する。

家族だけの時間を大事にした
素敵なお式でした。

このように、同じ家族葬でも
全然違います。

ずっと先の話。
そう思ってしまいますが、
事前に友人関係や仕事のことなど
家族の会話に
情報は沢山集まっています。

家族の会話を大事にして、
皆心残りのないお別れが出来る
そんなお葬式を目
指して頂ければと思います。

Sponsored Links



低価格&定額のお葬式を探している人必見!

お墓探しをしようと思い立っても

お葬式の全国総額平均122万円ですが
実は、こんな高額な金額をかけなくても
14万円〜でもお葬式はできるんです。

なぜこんな高額な請求に
なってしまうかというと、

・親の急死で急いでいた
・お葬式の知識がなかった
・どうやって決めていくか知らなかった

など、お葬式の知識がないために
必要以上に大きな規模を勧誘されたり
物品に高額な値段がつけやすいのが現状です。

そんな時は、 『小さなお葬式』はオススメです。

『小さなお葬式』が人気な理由とは

・WEBサービスの中で、依頼件数は
 No1.の実績で信頼できる
・全国に3,000以上の提携式場から選べる
・お客様の93.4%が満足しているので期待ができる
・追加料金不要の定額プランなので安心
・24時間365日対応の電話相談があるので安心

などお葬式が分からない方でも
早朝・深夜に関わらず
気軽に電話相談できるのは安心です。

また、メディアでも取り上げられるほど
価格とプラン内容の見直しにより
低価格が実現できているので
価格に納得して依頼ができます。

⇒小さなお葬式のカンタン資料請求をしてみる



\ SNSでシェアしよう! /

介護のすすめの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

介護のすすめの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

mame

mame

秘書の学校を卒業し
葬儀社で働いた経験を元に
今は主婦業の傍ら、少しでも皆さんの知らないお葬式の情報をご紹介できればと
記事を作成させています。
こんなこと知らなかった!読んで良かった!そう思って頂けるような情報を提供できるよう頑張りますのでお読み頂ければ幸いです!

関連記事

  • 祖母のお葬式!香典の金額や呼び名について調べてみた!

  • お葬式でご飯にお箸を刺す意味!親族が知っておきたい理由とは?

  • 葬式に遠方から来られる参列者に交通費は必要?対応を紹介!

  • 葬式のお寺へのお礼は必要?お布施とは別に用意すべき?

  • 葬式の宗派が間違いだった!あとから変える事は出来る?

  • お葬式の弔電を披露!プロ顔負け読み上げテクニックとは?